様々なホテルの部屋タイプ

ホテルの部屋を決めるときに重要な、その部屋のタイプについて考えたことはあるでしょうか。様々なホテルがあり、その部屋のタイプの種類もそれぞれです。細かな内容にまで探っていきましょう。まず、部屋のタイプにはそれぞれ、洋室、和室、洋和室とあります。

洋室はホテルの一般的な様式でベッドが付いています。和室は旅館の一般的な様式となり、こちらには布団が付いています。洋和室は、その名の通り洋室と和室の合いの子で、用意されているホテルは少ないです。

利用タイプはシングル、セミダブル、ダブル、ツイン(2名1室)、トリプル(3名1室)、フォース(4名1室)とあります。ホテルによってはトリプル、フォースは対応していない場合がありますので、もしも利用する場合は事前に連絡しておきましょう。

ホテルの部屋を取ったときに不満に挙げられがちな点は、その部屋の大きさについてです。「思っていたより狭い」といったトラブルを防ぐためには、あらかじめ部屋の大きさを予想しておくのが賢いです。

一般的に、「10+5×人数(立方メートル)」分のスペースがあれば窮屈さを感じないといいます。覚えておくと良いでしょう。旅行するにあたって、人数や自分の好みの部屋のタイプ、また、人数に応じた部屋の大きさを把握しておくことで快適なホテル生活を過ごすことができます。

是非チェックしましょう。

良いホテルを見分けよう