未分類

良いホテルを見分けよう

良いホテルを見分けるポイントはどこにあるのでしょうか。「良いホテル」の定義は人それぞれですが、ここでは「一般的に言うところの、快適な住環境が整っていること」とさせていただきます。ホテルを利用する前に、そのホテルの良さを見抜けるポイントがありますので、ここではそこを紹介させていただきます。

パソコンまず、オープンやリニューアルから5年以内のホテルは綺麗な可能性が高いです。築年数によって建物が綺麗なことは当たり前ですが、リニューアルした場合は実際の築年数が気になるところです。「一部リニューアル」と謳って、実際はロビーや一部客室のみをリニューアルしただけという悪質なケースもあります。注意しましょう。また、ホテルの評価といえば今はネットの口コミが主流です。接客サービスについては個人の力量の差が出てしまうところなので、あまり極端な意見以外参考にならないかもしれません。逆に、設備に関するシビアな意見が多い場合は気にしてみると良いでしょう。設備の劣化や汚れは誰が見ても明らかであるため、そこに意見が集中するということは何らかの問題がある可能性が非常に高いです。

一度も泊まったことの無いホテルの良し悪しを見極めるのは、そのホテルの情報を調べることでスマートに行うことが出来ます。築年数と口コミの設備の評価には特に気をつけましょう。

未分類

様々なホテルの部屋タイプ

ホテルの部屋を決めるときに重要な、その部屋のタイプについて考えたことはあるでしょうか。様々なホテルがあり、その部屋のタイプの種類もそれぞれです。細かな内容にまで探っていきましょう。

まず、部屋のタイプにはそれぞれ、洋室、和室、洋和室とあります。洋室はホテルの一般的な様式でベッドが付いています。和室は旅館の一般的な様式となり、こちらには布団が付いています。洋和室は、その名の通り洋室と和室の合いの子で、用意されているホテルは少ないです。利用タイプはシングル、セミダブル、ダブル、ツイン(2名1室)、トリプル(3名1室)、フォース(4名1室)とあります。ホテルによってはトリプル、フォースは対応していない場合がありますので、もしも利用する場合は事前に連絡しておきましょう。

部屋ホテルの部屋を取ったときに不満に挙げられがちな点は、その部屋の大きさについてです。「思っていたより狭い」といったトラブルを防ぐためには、あらかじめ部屋の大きさを予想しておくのが賢いです。一般的に、「10+5×人数(立方メートル)」分のスペースがあれば窮屈さを感じないといいます。覚えておくと良いでしょう。

旅行するにあたって、人数や自分の好みの部屋のタイプ、また、人数に応じた部屋の大きさを把握しておくことで快適なホテル生活を過ごすことができます。是非チェックしましょう。

未分類

エリアで決めよう

旅行をする際に利用するホテルを選ぶポイントにおいて、そのエリアにこだわった方が良い理由とは何なのでしょうか。ホテルに宿泊するときに、その住所によって快適さは大きく変わります

電車まず、二泊以上を使って一つの観光地を巡る場合や、長く一ヶ所に滞在を予定する場合は、目的地や観光地に近いホテルを選ぶことが重要です。また、レンタカーや公共交通機関を使って旅行をする場合にはアクセスの良いホテルを選ぶと良いでしょう。特に東京や大阪のホテルなど、人の多いエリアに宿泊する場合は、よりアクセスの良いホテルにしておくと、迷うこともないので便利です。

例えば、目的の施設が朝だけの営業だった場合、その施設を満喫するためには旅行の出発に余裕を持って行動しなければいけません。そういったときには、夜のうちにその施設に近いホテルを利用することによって、移動時間を短くすることができ、観光の時間を多く取ることができます。それとは別に、レンタカーや公共交通機関を使った移動を予定しているときには、駅やバス停などに近いホテルを選ぶと、道中のホテルに荷物を預けてから観光を始めるなど、旅行の仕方に幅が広がります。下調べをして、よりスムーズに旅を進めることが出来るルートを検索すると当日の移動に手間取らないでしょう。

ホテルを選ぶときには、立地とアクセスが非常に大切になります。もしも快適な旅を希望するのであれば、こちらに是非気をつけましょう。